ホーム
老健施設とは
協会概要
施設紹介
おしらせ
会員専用ページ
HOME > 老健施設とは
老健施設とは

介護老人保健施設とは

介護老人保健施設は国の介護保険制度にて運営していますので介護保険が適用される方(基本65歳以上)が対象です。24時間365日休みなく運営しているいわゆる入所型の施設です。具体的には要介護1から要介護5と認定された方が対象です。また特定疾病に認定された方であれば40歳から64歳の方でも利用可能です。リハビリをして在宅復帰を目的としております。このため看護職員・介護職員に加え医師、理学療養士、作業療法士等のリハビリテーションに特化した職員も配置しております。その他に施設内での日常生活に必要な食事・入浴・排泄・レクリエーションなどの支援・介助をおこなっており(管理)栄養士・支援相談員・介護支援専門員(ケアマネージャー)など、多職種協働でご利用者様のニーズに応えております
基本的には在宅復帰を目的とした中間施設としての位置つけがされております。。
 
(公益社団法人全国老人保健施設協会から引用)
「ろうけん=介護老人保健施設」は、介護を必要とする高齢者の自立を支援し、家庭への復帰を目指すために、医師による医学的管理の下、看護・介護といったケアはもとより、理学療法士や作業療法士等によるリハビリテーション、また、栄養管理・食事・入浴などの日常生活サービスまで併せて提供する施設です。 ご利用者ひとりひとりの状態や目標に合わせたケアサービスを、医師をはじめとする専門スタッフが行い、夜間でも安心できる体制を整えています。
 
介護老人保健施設は、常に利用者主体の質の高い介護サービスの提供を心掛け、地域に開かれた施設として、利用者のニーズにきめ細かく応える施設です。介護予防を含めた教育・啓発活動など幅広い活動を通じ、在宅ケア支援の拠点となる事を目指して、ご利用者・ご家族の皆様が、快適に自分らしい日常生活を送れるよう支援をしています。
 
さらに、介護老人保健施設では、認知症の方を対象に「認知症短期集中リハビリテーション」を提供しています。薬剤を使用しない治療方法でありながら確実に効果を表しており、今後さらに増加が見込まれる認知症高齢者への対応施設としても重要性を増しています。
 
介護老人保健施設は高齢者が尊厳をもって安心して介護を受けられるよう努力しています。たとえば身体拘束は、高齢者の尊厳を傷つける行為であるばかりでなく、QOL(生活の質)を損ない身体機能の低下にもつながりかねないものです。身体拘束の廃止や高齢者虐待防止などにも積極的に取り組んでいます。